食事や食べ物で血管年齢を若返りさせる方法

MENU

食事や食べ物で血管年齢を若返りさせる方法

血管年齢を食事で若返りを

食事や食べ物で血管年齢を若返りさせる方法

血管年齢を食事や食べ物で若返りをさせて、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を予防することができます。血管年齢が高いと心筋梗塞や脳卒中になってしまうリスクが高くなってしまいます。食事を肉より魚を食べること、魚は科学的にも認められているものです。

 

そして食物繊維を多く摂ることです。これはコレステロールの吸収を抑えてくれるのです。野菜から食べることも大きなメリットがあります。それから大豆や大豆製品をすすんでとることもおすすめです。特におすすめは納豆です。血液をさらさらにする効果があるのです。

 

血管年齢の若返りには減塩も

血管年齢を下げるような食材も味付けをどのようにするのかで効果が大きく違ってきます。塩分を控えるようにすることが大切です。塩分摂取を抑えることは動脈の硬化を予防して、血管年齢を若返らせます。塩分の取りすぎは生活習慣病に一つの高血圧にもつながります。

 

塩分を控えるコツですが、日本人が大好きな漬物や梅干し、明太子、塩魚などを控えることです。そしてちくわとかハムといった塩分の多い加工食品を控えることです。うどんやラーメンの汁は残して食べることや、調味料自体を減塩のものにすることなどです。